ビールの原料であるホップに「ゲラニオール」が重要?

ビールは飲み会でほとんどの方が最初に飲むものですよね。

乾杯さえ終わってしまえば他の飲み物に切り替える方が多いですが、飲み会で1回は飲みますよね。

実は、こんなビールも育毛に良いアルコールと言われています。

ビールの原料であるホップに「ゲラニオール」に、知覚神経を刺激して育毛を促進するIGF−Iを増加させる効果があるようです。

さらに、ビールに使われている炭酸も、知覚神経を刺激してIGF−Iを増加させる効果があるようです。

ビールの5%のアルコールも、IGF−Iを増やしてくれるようです。

このようにビールには、知覚神経を刺激してIGF−Iを増加させる効果を持つ成分が豊富に含まれているのです。

まさか、誰もが飲み会の時に摂取するビールに、こんなにも育毛に良い成分が含まれているとは思ってもいなかった方は多いのではないでしょうか。

ビールが苦手の場合

また、ビールが苦手と言う方は、素直に他の飲み物で乾杯する方もいるでしょう。

もし可能であれば、ノンアルコールビールで乾杯してみてはいかがでしょうか。

ノンアルコールビールにはアルコールは含まれていないので、アルコールによる育毛効果は得ることは出来ません。

でも、ノンアルコールビールにも、炭酸やホップは原料として使われているので、2つも育毛に良い成分を摂取できてしまうのです。

「何を飲もうかな。」と迷った時には、ビールやノンアルコールビールにしてみるのもお勧めです。

この他には、ビールを飲む良さと言えば、やはりストレスが改善できることですよね。

ストレスは血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こし、薄毛の原因となることがあります。

トータル的に考えると、ビールの育毛効果はアルコールの中でももっとも高いかも知れませんね。

とは言っても、あくまでも適量を心掛けた時に限ってです。

飲みすぎてしまうと、今度は肝臓に負担をかけて育毛に良いことはありません。

薬と同じようなもので、どんなに良いものでも適量を心掛けることは重要ですね

ビールはほどほどにして、育毛剤を使ってみましょう

ストレス解消、頭皮の血液の循環をよくするために、ビールを飲むのは良いことです。

ただ、やはり薄毛の悩みを解説するには育毛剤がお手軽かつ、格安で改善できると言えます。

育毛剤の比較サイトを見つけましたので、かなり参考になると思います。男女問わず、これだけの育毛剤を集めて比べているサイトは他にないと思いますよ。