• HOME

「育毛のためにアルコールは適量にしましょう。」

こんなことは誰でも分かっているのでしょうが、「適量ってどのくらい?」と思っている方は多いでしょう。

自分にとっての適量であれば、今までのアルコールの飲みっぷりによっても体質によっても適量の基準は大きく変わってきますよね。

他の人にとってかなり多いと思える量でも、ある人にとっては適量と感じることもあるでしょう。

もちろん、育毛に良い適量のアルコールは、人それぞれと言うのではなくある程度基準があるようです。

ビールなら500ml缶1本、日本酒なら1合(180ml)、焼酎なら0.5合(90ml)なんて言っても、その時は何となく覚えていても多分翌日になれば忘れているでしょう。

もっとも分かりやすいのが、適量の計算式です。

「アルコール度数×お酒の量(ml)」の数値が2500以下になるようにアルコール摂取量を調整すると、育毛を考えた場合の適量のアルコールになるようです。

アルコール度数5%のビールなら2500÷5=500mlで、長いビール缶1本分と言うことになります。

もちろん、ビールのみを飲む方は、シンプルにロング缶1本と覚えておけば良いでしょう。

飲み会などで他のアルコールを楽しみたい場合には、計算式を活用して飲み物のオーダー前に適量を把握しておくと便利ですよ。

ただ、居酒屋さんのようにグラスで出されると、アルコール度数もお酒の量もきちんとは把握しにくいことがありますよね。

こういう場合には、大体で計算式に当てはめてみれば大丈夫です。

飲み会の予定が分かっている場合には、「こういうふうにオーダーしようかな。」と事前に飲み物を考えておくのもお勧めです。

とは言っても、せめて飲み会だけは思う存分アルコールを楽しみたいを言う気持ちはありますよね。

こんな時はいっそのこと体を壊さない程度に飲んで、休肝日を多めに作ったりして他の日でバランスを取ってみるのも良いかも知れませんね。

関連記事