• HOME

M−1のサラヴィオ中央研究所が得た最優秀賞を受賞しました!

医薬部外品の育毛剤を利用する前に、何らかの評価を受けているか、どのような実績があるかなどをチェックすることはとても重要なことです。

どこにでもあるようなありきたりの評価では、「どうせ今までと同じような結果になるんだろうな。」なんて思ってしまいますよね。

育毛剤の評価をチェックしてみると、ある育毛剤のホームページには「世界毛髪研究会議」なんて言うものがありました。

髪の毛の研究をしていると言うのも、育毛を考えている方にとっては貴重な会議のように感じますよね。

それ以上に、髪の毛の研究について評価している団体があると言うのも、育毛剤の価値が分かりやすく参考になる評価ですよね。

世界毛髪研究会議は、世界トップレベルの科学者、大学の専門家などが集まってお互いに研究を発表し合う場のようです。

世界的にレベルの高い毛髪研究に関する発表の場だからこそ、こんな会議に出席できることだけでも非常に凄いことなのです。

この会議は3年に1度だけの貴重なもので、育毛剤に限らず過去に大手化粧品メーカーも出席したようですね。

世界毛髪研究会議に出席するのは世界で40以上もの国、200を超える演題なのです。

こんなにもレベルの高い演題が集まるからこそ、数日間に渡って会議が行われて最終的に受賞者が選ばれるのです。

きっとレベルの高い発表であっても、賞まで至らなかったものもたくさんあるのでしょうね。

今のところ、世界毛髪研究会議で受賞したのは、日本では2013年の第7回世界毛髪研究会議でM−1のサラヴィオ中央研究所が得た最優秀賞のみのようですね。

とは言っても、日本の企業がこの会議で受賞すると言うことは、日本の毛髪研究がいかにハイレベルなものかを表していますよね。

こういう世界的な評価を手にした安心の日本製育毛剤を使用してみるのも、効果が楽しみになりそうですよね。

育毛の可能性が、自身で手軽に手に入れることの出来る商品でこんなにも大きく広げることが出来るのです。

関連記事